大阪のAM民放ラジオ局3社(毎日放送、朝日放送、大阪放送)とNHK大阪放送局は、1993年に「災害とラジオ」をテーマとして考える「在阪AMラジオ災害問題協議会」を発足させました。

阪神・淡路大震災の発生した1995年4月からは、ラジオ関西がこれに加わり、「AMラジオ災害問題協議会」と名称を変更しました。そして、1998年から京都放送と和歌山放送が加わり、文字どおり全近畿のAM局が揃い、活動の輪を広げています。

この会の設立の目的は、災害時のラジオ放送のあり方を協議し、災害時に威力を発揮するAMラジオの重要性を訴えるとともに、都市における「難聴取空間」の解消に向けて努力を続けていこうというものです。

この主旨のもと、毎年、防災の日の9月1日には、全局が揃って、各地のイベントと放送を連動する企画を開催してまいりました。

特に、震災後の1995年から2001年までは、AMラジオは災害時のライフラインであるという観点から、"関西発・命のラジオ"をメインタイトルに、共同制作・共同放送を行いました。

2005年以降は、毎年9月1日に、NHKの防災の日・特別番組へ参加するとともに、各局がそれぞれ、現在取り組んでいる事柄を中心にリポートし、近畿圏における各地の災害時への取組みを伝えてきました。また防災の日の前後には、各局のアナウンサーが出演する防災啓発メッセージを全局で放送しています。

放送局バナー 放送局バナー 放送局バナー 放送局バナー
放送局バナー 放送局バナー 放送局バナー
放送局バナー 放送局バナー
放送局バナー 放送局バナー
放送局バナー
放送局バナー 放送局バナー

© 2012 AMラジオ災害問題協議会 All Rights Reserved.